ChromeのHSTS解消メモ

Google Chromeにて、httpsを指定しているにも関わらず、httpsへ勝手にリダイレクトし、httpsではアクセス出来ない事が多いので、メモです。

HSTSは、HTTP Strict Transport Securityの略で、httpsの代わりにhttpsを用いて通信を行うセキュリティ機能です。

詳しくは、下記のブログをご覧いただければと思います。

 

解決方法

Google ChromeのURLアクセスバーに、

chrome://net-internals/#hsts

と入力し、下部にある「Delete domain security policies」で該当するドメイン名を入力し、deleteを押すだけです。

これでも、変化がないようであれば、Google Chromeを再起動、キャッシュの削除、クッキーの削除を行ってみましょう。


See also