Webmin/Usermin接続が拒否される場合

めったに開かないのですが、久しぶりにWebmin/Userminへアクセスしたところ、接続(アクセス)が拒否されるようになっていました。

Webmin access denied

当然、サーバーは起動しているのを確認し、Webmin/Userminの再起動も行っています。

ところが、古いブラウザでは接続出来るようなのです。

調べてみると、どうやら証明書の鍵長が1024ビット未満の場合には、アクセスが拒否するらしく、古い設定のままのWebmin/Uerminは、デフォルトで512ビットで作られているのが原因のようです。(現在のデフォルト設定は、2048になってます)

これを解決するには、証明書を再作成すると直るようですので、下記の記事を参考にしてみました。

https://www.prox.ne.jp/faq/2_368_ja.html

Webminが開けない

なるほど、そのようにWebmin上で作成するんですね。 って、お〜〜い、そのWebmin/Usermin自体につながらないっつうの!

一番、手っ取り早いのは、Webminサーバー内の設定を一時的に変更してあげる事ではないでしょうか。

$ cd /etc/webmin/
$ vim miniserv.conf ... ssl=0 # ←1を0に変更 ...
$ service webmin restart

コマンドラインで作成するには、下記参照

Replace webmin self-signed certificate to avoid sec_error_invalid_key error

https://d.hatena.ne.jp/kibitaki/20150718/1437231546