VundleでVimプラグイン導入

かなり以前から、Unix/Linuxでvi/vimを使っているんですが、恥ずかしながら、私も「いまさら聞けない .vim/bundle によるプラグイン管理」と同じ心境で、プラグインとは無縁の環境にありました。

今までに、プラグイン導入を試みたことはあるのですが、うまく動作しない事があり、ずっと諦め状態だったのです。

なので、今更ながら、Vimのプラグイン導入に挑戦です。

Vundleを使って、プラグイン管理(導入)します。(VimとGitが既にインストールされている事が前提です)

導入方法は、VundleのReadmeを見れば、ほぼ分かると思いますが、メモっておきます。

  1. Vundleを導入します

    $ git clone https://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/bundle/vundle

  2. 自分のホームディレクトリ下に、.vimrcを作成・修正し、下記のように記述します

    $ vim ~/.vimrc
    set nocompatible “ be iMproved
    filetype off “ required! set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
    call vundle#rc() “ let Vundle manage Vundle
    “ required!
    Bundle ‘gmarik/vundle’ “ My Bundles here:
    “
    “ original repos on github
    Bundle ‘tpope/vim-fugitive’
    Bundle ‘Lokaltog/vim-easymotion’
    Bundle ‘rstacruz/sparkup’, {‘rtp’: ‘vim/’}
    Bundle ‘tpope/vim-rails.git’
    “ vim-scripts repos
    Bundle ‘L9’
    Bundle ‘FuzzyFinder’
    “ non github repos
    Bundle ‘git://git.wincent.com/command-t.git’
    “ … filetype plugin indent on ” required!
    “
    “ Brief help
    “ :BundleList - list configured bundles
    “ :BundleInstall(!) - install(update) bundles
    “ :BundleSearch(!) foo - search(or refresh cache first) for foo
    “ :BundleClean(!) - confirm(or auto-approve) removal of unused bundles
    “
    “ see :h vundle for more details or wiki for FAQ
    “ NOTE: comments after Bundle command are not allowed..

  3. 上記の.vimrcを保存したら、vimを終了し、起動し直します

  4. vimが起動したら、ESCキーを押し、:(半角コロン)キーを押す
    下部に:(半角コロン)が表示されたら、
    BundleInstallと打ち込むと、.vimrcで指定したプラグインが導入されます
    vundle1

  5. 導入途中では、下部にProccessing…と表示され、全て導入が終わるとDoneと表示され完了です。vundle2

 

プラグインの追加は、.vimrc内に、

Bundle ‘プラグイン’

のように明記して、BundleInstallするだけです。

また、プラグインの更新はBundleInstallに!(半角)を追加するだけで、更新されます。

BundleInstall!

後は、使いたいプラグインを探して、プラグインの使い方を覚えるだけですね。

分かってみれば、すごく簡単でした。


See also