openSUSEを12.1から12.3へzypperでアップデート

openSUSE 12.1にて、特に不自由なく安定して使用していたのですが、多言語関連のM17Nのサポートが終了したようなので、仕方なく最新版の12.3へアップグレードする事にした。

どうやら、12.1から12.2を飛び越して12.3へアップグレードは依存関係等で危険なので、順番通りに12.1→12.2→12.3へアップグレードした。

今回は、YaSTでなくコマンドラインのzypperにて作業

詳細は、公式の「第16章 システムのアップグレードとシステム変更」に書かれてあるとおりに実行した。

アップグレード後に起動しなくなると困るので、とりあえず/etc下だけafioにてバックアップ。

# find /etc | afio -ovZ etc.afz

現状のシステムを最新にする 

# zypper dup

ここで、M17N関連のパッケージをどうするか聞いてきたら、無視

リポジトリの確認 

# zypper lr -u

アップグレード先のバージョンにあわせてリポジトリを追加 

# server=https://download.opensuse.org
# new_ver=12.2
# zypper ar $server/distribution/$new_ver/repo/oss/ openSUSE-$new_ver-Oss
# zypper ar $server/update/$new_ver/ openSUSE-$new_ver-Update

 続いて古いリポジトリを削除 

# old_ver=12.1
# zypper rr openSUSE-$old_ver-Oss
# zypper rr openSUSE-$old_ver-Update

 サードパーティ 製のリポジトリを無効にする 

# zypper mr -d repo-alias

リポジトリの確認 

# zypper lr -d

メタデータとリポジトリの内容を更新 

# zeyyper ref

zypper 自身のアップグレード 

# zypper up zypper

ディストリビューション本体のアップグレード 

# zypper dup

ライセンス確認画面が出るので、Yesを押してアップグレード

基本的なシステム設定 

# SuSEconfig

再起動 

# shutdown -r now

これを、12.2から12.3でも行うが、12.3では、SuSEconfigを行う必要がありません。