Debian wheezy(7.8) から jessie(8.0)へアップグレード

Debianが約2年ぶりにメジャーアップグレードで、[Debian 8.0 Jessie][1]がリリースされましたので、早速、既存の7.x(wheezy)からアップグレードを行ってみました。
メジャーアップグレードでリリースされたばかりなので、用心をとって、VMware Fusion上にてテスト的にアップグレードです。

Debian8 sc

VMware Fusion上で、7.8(wheezy)をnet installした後、8.0(jessie)へのアップグレード方法です。

もし、運用しているwheezyをそのままアップグレードする場合には、/etc下やapt関連のバックアップを取ってから行った方が良いでしょう。

  1. 既存のパッケージを更新しておきます。
    # apt-get update; apt-get upgrade
    また、整合性の競合がないことも確認しておきましょう
  2. wheezyからjessieへsourcelessを変更
    # sed -i 's/wheezy/jessie/g' /etc/apt/sources.list
  3. 更新・アップグレード
    ```

apt-get update 

apt-get upgrade 

apt-get dis-upgrade 

```
  1. 掃除
    # aptitude purge '~c’
  2. 再起動
    # init 6
  3. バージョン確認
    ``` # lsb_release -aNo LSB modules are available. Distributor ID: Debian Description: Debian GNU/Linux 8.0 (jessie) Release: 8.0 Codename: jessie

以上で、7.xから8へのアップグレード完了です。

jessieから、GNOMEが標準になったり、標準のinitシステムがSysVinitからSystemdへ変更されたりと、7.xとは大幅な変更がありますし、リリースされたばかりと言うこともあり、不具合も出る可能性が大いにあるので、急がなければ、1ヶ月近くは様子をみて、アップグレードした方が良いかと思われます。

 [1]: https://www.debian.or.jp/using/index.html

See also