CentOS7がdracutの表示のまま起動出来なくなった

centos7 dracut initqueue timeout and could not boot

いつの頃からか、CentOS7のカーネルを更新した辺りから、正常に起動出来なくなってしまった。

bootすると、この画面表示のまま起動出来ない

Wrning: /dev/centos_web/root does not exist
Warning: /dev/mapper/centos_web-root does not exist
 
Generating "/run/initramfs/sosreport.txt"
 
Entering emergency mode. Exit the shell to continue.
Type "journalctl" to view system logs.
You might want to save "/run/initramfs/sosreport.txt" to a USB stick or /boot
after mounting them and attach it to a bug report.
 
dracut:/#

おそらく、カーネル更新した際に、grub関連が壊れたか設定が間違っているだろうと思ってググってみた

今回の症状は、こちらの記事↑が該当しました。

  1. レスキューモードでBoot
  2. ディスクのマウントとCHROOT
  3. fstabとgrub.cfg修正
  4. CD-ROMのローカルドライブで起動確認
  5. HDD/SSDより起動

今回は、やはりgrub.cfgの設定が合っていなかった事が原因でした。

参考まで

  • 起動出来なかった時のgrub.cfg (該当部分のみ表記)
linux16 /vmlinuz-3.10.0-1160.59.1.el7.x86_64 root=/dev/mapper/centos-root ro rd.lvm.lv=centos/root rd.lvm.lv=centos/swap crashkernel=auto rh
gb quiet  systemd.log_level=debug systemd.log_target=kmsg

上記のエラーば画面では Wrning: /dev/centos_web/root does not existcentos_webなのに対し、設定がcentosとなっているのが原因

修正後のgrub.cfg

linux16 /vmlinuz-3.10.0-1160.59.1.el7.x86_64 root=/dev/mapper/centos_web-root ro rd.lvm.lv=centos_web/root rd.lvm.lv=centos_web/swap crashkernel=auto rhgb quiet  systemd.log_level=debug systemd.log_target=kmsg

今回は滅多に再起動しないので、不具合発覚が遅れてしまいましたが、起動の不具合やgrub弄ったりすると心臓に悪いので、カーネル更新が入った後は、なるべく再起動して起動確認した方が良さそうです


See also