:::: MENU ::::
Posts tagged with: SL6

コマンドライン(cui,fdisk)でHDD追加

今更感があるが、Linuxで稼働中のサーバにHDDを追加する場合が、たまにあるのでメモっておく。

追加のHDDは、既に物理的に接続されているものとする。

HDDを確認


# fdisk -l
….
ディスク /dev/sdb: 53.7 GB, 53687091200 バイト
ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 51200
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0xa128e904

/dev/sdbのHDDが追加されたのを確認し、

領域作成


# fdisk /dev/sdb
コマンド (m でヘルプ): 1
コマンドの動作
a ブート可能フラグをつける
b bsd ディスクラベルを編集する
c dos 互換フラグをつける
d 領域を削除する
l 既知の領域タイプをリスト表示する
m このメニューを表示する
n 新たに領域を作成する
o 新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
p 領域テーブルを表示する
q 変更を保存せずに終了する
s 空の Sun ディスクラベルを作成する
t 領域のシステム ID を変更する
u 表示/項目ユニットを変更する
v 領域テーブルを照合する
w テーブルをディスクに書き込み、終了する
x 特別な機能 (エキスパート専用)

コマンド (m でヘルプ): t

領域が定義されていません

コマンド (m でヘルプ): n

コマンドアクション
e 拡張
p 基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-51200, 初期値 1):
初期値 1 を使います
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-51200, 初期値 51200):
初期値 51200 を使います

 

マンド (m でヘルプ): t
選択した領域 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): L

0 空 24 NEC DOS 81 Minix / 古い bf Solaris
1 FAT12 39 Plan 9 82 Linux スワッ c1 DRDOS/sec (FAT-
2 XENIX root 3c PartitionMagic 83 Linux c4 DRDOS/sec (FAT-
3 XENIX usr 40 Venix 80286 84 OS/2 隠し C: c6 DRDOS/sec (FAT-
4 FAT16 <32M 41 PPC PReP Boot 85 Linux 拡張領 c7 Syrinx
…..
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 83

マンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
ディスクを同期しています。

フォーマット

# mkfs.ext4 /dev/sdb1

マウントしてみる (/optへマウント)


# mount /dev/sdb1 /opt
# df
/dev/sdb1 51606124 184136 48800552 1% /opt

恒久的にマウント

/etc/fstabへ追記

# vi /etc/fstab
…
/dev/sdb1 /opt ext4 defaults 1 2

fstabの書式に問題ないか、確認

# mount -a
# df

Autofsでnsswitchが読めない?

数台あるLinux(CentOS,sl6)サーバのうち、2台ほどNFS接続する必要があり、設定してみたところ、Autofs(automount)が失敗し、下記のエラーが出た。

Aug 6 09:56:38 hoge automount[14683]: nsswitch_parse:173: couldn’t open /etc/nsswitch.conf
Aug 6 09:56:38 hoge automount[14683]: lookup_nss_read_master: can’t to read name service switch config.

nsswitch.confが読めないって?

http://www.mail-archive.com/centos@centos.org/msg86851.htmlによると、どうやらSELinuxが有効な環境で、Sudoをアップデートした際に、nsswitch.confの属性に悪さをしているとの事。

ちなみに、私の環境では、

# egrep -v "^#" /etc/selinux/config

SELINUX=disabled
SELINUXTYPE=targeted 

# rpm -aq sudo
sudo-1.7.4p5-12.el6_3.x86_64

# ls -Z /etc/nsswitch.conf
-rw-r--r--  root root system_u:object_r:rpm_script_tmp_t /etc/nsswitch.conf

解決策は、restoreconを使うと良いらしい。

# restorecon /etc/nsswitch.conf && service autofs restart
Stopping automount:                                        [  OK  ]
Starting automount:                                        [  OK  ]

# ls -Z /etc/nsswitch.conf
-rw-r--r--  root root system_u:object_r:etc_t          /etc/nsswitch.conf

私の場合、今後もSELinux絡みは、何かと面倒くさいので、SELinuxをdisabledにしちゃいました。


unzipで複数ファイルを一括解凍

分割zipファイルが大量にあったり、まとめて、あるフォルダ内の大量zipファイルを一気に解凍したい事がありますよね?

*(アスタリスク)使えば出来んじゃね?って、よく

$ unzip *.zip

とか、実行すると、下記のエラーが出ます。

caution: filename not matched: hove.zip

では、どうやるかと言うと、シングルクゥオーテーションで括ればよいです。

$ unzip '*.zip'

以上


Redhat6系でuconvはどこ?

CentOSsl6 6系のyumパッケージで、uconvが見つからない。

yum searchで見つからないし、remi,epel,rpmforgeのリポジトリでも見つからないと思ったら、icuと言うパッケージに入ってた。

icuって病室みたいな名前だけど、International Components for Unicodeの略

# yum install icu

これで、uconvやmakeconvなどのなどがインストールされる。


Linuxにnamebenchをインストール

namebenchをLinuxにインストールした。
ソースからビルドしてインストールするので、Linux全般に導入可能。

尚、コンパイル・実行には、pythonで書かれているので、python必須

  1. ソースをダウンロード
    $ wget -c http://namebench.googlecode.com/files/namebench-1.3.1-source.tgz
  2. 解凍
    $ tar -xzvf namebench-1.3.1-source.tgz
  3. ビルドとインストール
    $ cd namebench-1.3.1
    $ python setup.py build
    $ sudo python setup.py install

実行するには、namebench.pyを走らせるだけ。

ちなみに、実行ファイルは/usr/bin/、データ等は、/usr/namebenchへインストールされてる。


CentOS6でswapをなるべく使わない設定

CentOS,sl6などのRedHat6系にて、メモリに余裕があるので、なるべくswapしないように設定。

現状のメモリ環境:

$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 65970504 1007620 64962884 0 15688 188112
-/+ buffers/cache: 803820 65166684

デフォルトでは、swappinessの値は60に設定されており、0~100まで設定可能。

# cat /proc/sys/vm/swappiness
60

この設定を変更するには、下記コマンドを実行

# vi /etc/sysctl.conf
……..↓最終行に下記1行を追記
vm.swappiness = 1

# sysctl -p

resolv.confの内容が書き換わる

CentOS6,sl6系のresolv.confの内容を書き換えたはずが、再起動すると、書いた設定が消えて初期値に戻ってしまう。

どうやら、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0の内に、記述しないとダメみたい。

DNS1=”127.0.0.1″
DNS2=”8.8.4.4″
DNS6=”4.4.4.4″
DNS7=”8.8.8.8″

尚、ifcfg-eth0の0は自分の環境に合ってるか確認の事。


eht0がリネームされ、ネットワークが使えない時の対処

NICを入れ替えたり、仮想化でゲストOSをコピーしたりするときに下記のエラーでネットワークが使用出来ない場合がある。

udev: renamed interface eth0 to eth1

ネットワークインターフェースは1つしかないのに、eth1に割り当てられる症状なのですが、以前に使っていたNICがeth0として記録され、情報が残っているからのようです。

この役目をしているのが、/etc/udev/rules.d/70-persistent-.rulesで、これを削除し、再起動して問題なければ良いが、場合によっては、症状が解決されず、消したはずの70-persistent-.rulesが復活します。
(どこかに設定が残ってる??)

この場合、70-persistent-.rulesを編集

# PCI device 0x14e4:0x163b (bnx2) (custom name provided by external tool) SUBSYSTEM==”net”, ACTION==”add”, DRIVERS==”?*”, ATTR{address}==”77:22:cb:3a:9a:47“, ATTR{type}==”1″, KERNEL==”eth*”, NAME=”eth0

address部分とeth0の部分を合わせてあげれば良いかと。

もう一つ、確認しておきたいのは、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0のHWADDRも合わせておく事。

再起動し、完了。


Scientific LinuxをOracle Linuxへ横着アップグレードしてみた

sl6から、そのままOracle Linuxへ移し替える、こんな記事「Oracle Linux 6.2 via さくらのVPS」がありましたので、早速、試してみました。

記事通りに行うことで、本当に入れ替わっちゃいましたよ。

ちなみに、ブート時は、sl6のまま。
CUIログイン画面は、「Oracle Linux Server  release 6.2」
/etc/redhat-releaseは、「Red Hat Enterprise Linux Server release 6.2 (Santiago)」

何となく混在している感じで、あんまり気持ちイイものではないので、常用はしませんけどね。

一応、作業項目を掲載しておきます。


# yum erase sl-release selinux-policy dhcp-common -y

# cd /etc/yum.repos.d
# rm -f sl*

# vi public-yum-ol6.repo
[ol6_u2_base]
name=Oracle Linux 6 U2 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/2/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-ol6
gpgcheck=1
enabled=1

# yum install oraclelinux-release -y

# yum install -y \
selinux-policy \
dhcp-common \
acpid \
aic94xx-firmware \
b43-openfwwf \
bfa-firmware \
biosdevname \
cpuspeed \
crda \
cronie \
cronie-anacron \
crontabs \
cryptsetup-luks \
cryptsetup-luks-libs \
cyrus-sasl \
device-mapper \
device-mapper-event \
device-mapper-event-libs \
device-mapper-libs \
dhclient \
dmraid \
dmraid-events \
dracut \
dracut-kernel \
git \
hal \
hal-info \
initscripts \
iputils \
iwl100-firmware \
iwl5150-firmware \
iwl6000-firmware \
iwl6000g2a-firmware \
iwl6000g2b-firmware \
iwl6050-firmware \
kbd \
kexec-tools \
kpartx \
libdrm \
lvm2 \
lvm2-libs \
mdadm \
netxen-firmware \
ntp \
ntpdate \
openssh \
openssh-clients \
openssh-server \
parted \
pcmciautils \
perl-Git \
plymouth \
pm-utils \
policycoreutils \
postfix \
prelink \
python-iwlib \
quota \
readahead \
rng-tools \
rsyslog \
setuptool \
smartmontools \
sysstat \
system-config-network-tui \
udev \
usermode \
util-linux-ng \
virt-what \
wireless-tools \
yum-conf-sl-other \

# yum upgrade -y

# shutdown -r now

# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 6.2 (Santiago)

Oracle Linuxを本格的にサーバとして使用する場合には、正規の方法でインストールしましょう。


s3cmdで警告メッセージが出る

CentOS,sl6で、epelからs3cmdをインストール出来るのですが、バージョンが古いので、警告が出るようです。

$ s3cmd --version
/usr/lib/python2.6/site-packages/S3/Utils.py:17: DeprecationWarning: the sha module is deprecated; use the hashlib module instead
import sha as sha1
s3cmd version 0.9.9.9

解決方法として、

S3 tools – Browse /s3cmd at SourceForge.netから、最新版をダウンロードし、pythonインストールで解決出来ますね。

$ wget "http://downloads.sourceforge.net/project/s3tools/s3cmd/1.1.0-beta3/s3cmd-1.1.0-beta3.tar.gz?r=http%3A%2F%2Fsourceforge.net%2Fprojects%2Fs3tools%2Ffiles%2Fs3cmd%2F1.1.0-beta3%2F&ts=1332030694&use_mirror=jaist"
$ tar zxf s3cmd-1.1.0-beta3.tar.gz
$ cd s3cmd-1.1.0-beta3/
$ sudo python setup.py install
$ s3cmd --versions3cmd
version 1.1.0-beta3

もう一つ、転送するときに、下記の警告も出る場合、

WARNING: Module python-magic is not available. Guessing MIME types based on file extensions.

yumでpython-magicをインストールすれば良い

# yum install python-magic

ページ:12345