:::: MENU ::::
Posts tagged with: Shell

Macでlastcommを使うには

Linuxでは、個々のコマンド履歴が記録されて表示が出来るlastcommと言うコマンドがあります。

Macでも利用しようとしたら、lastcommは存在するが、記録されていない(デフォルトでONになってない)ようなので、利用可能にする。

$ sudo mkdir /var/account
$ sudo touch /var/account/acct
$ sudo accton /var/account/acct

この後、lastcommを実行し、下記のように表示されればOKです。

$ lastcomm
ls – root ttys000 0.00 secs (null) (0:00:00.00)
sudo -S root ttys000 0.00 secs Mon Jul 28 14:33 (0:00:00.00)
accton -S root ttys000 0.00 secs Mon Jul 28 14:33 (0:00:00.00)


Mac OS X上でのbash環境メモ

自分だけでのbash環境設定だと、~/.bashrcや~/.profileに書けば良いのだが、数人で共有しているMacで、共通のbash環境変数を設定したい場合がある。

Linux/Unixとは、少し異なる部分があったので、メモしておく。
(尚、下記はSnow Leopard 10.6.xの環境)

読み込む順番:

  1. ログインすると/etc/profileが読み込まれる
  2. /etc/profileでは、/usr/libexec/path_helper -sが実行される
  3. /etc/paths
  4. /etc/paths.d/内に記述されたパス設定ファイルが読み込まれる
  5. /etc/bashrc
  6. ~/.profile
  7. ~/.bashrc

と言うことで、

  • 共通のシステム関連パスは、/etc/pathsへ
  • 共通の特有関連パスは、/etc/paths.d/内にファイルを作成して、ディレクトリパスを記述
  • 共通の環境変数は、/etc/profileへ
  • 自分固有の環境変数・パスは、~/.profileへ
    /etc/profile同様に、~/.profileに~/.bashrcを読み込むように記述

これで、多分大丈夫だと思うのだが、細かい部分は間違っているかも?


コメント文を取り除くgrep

コメント文を非表示にしたり、取り除く方法をよく忘れるのでメモ

コメント行と改行だけの行を削除
$ grep -v -e '^#' -e '^$' 

空行をカットする
$ grep -v '^$' 
  
コメント行をカットする
# で始まる行を消去し、空白や空行も削除
$ grep -v -e '^[ ^t]*#' -e '^$' 

それぞれ、リダイレクションで別ファイルに出力すると、コメント無しのファイルが出来上がる。