:::: MENU ::::
Posts tagged with: QNAP

QNAP上でscreenのエラー回避

Mac上のターミナルからからQNAPへSSH接続し、screenを起動しようとすると下記のエラーが出た。

[~] # screen /var/run/utmp: No such file or directory
Cannot find terminfo entry for ‘xterm-256color’.

ここでは、utmpとterminfoの2つを解決しなければならない。

まずは、utmpの回避

[~] # touch /var/run/utmp

ただし、QNAP再起動後には、消えてしまうので、これも解決したい場合には、http://stackoverflow.com/questions/12345675/screen-cannot-find-terminfo-entry-for-xterm-256colorを参考にされると良いでしょう。

次に、terminfoの回避

[~] # export | grep xterm
export TERM="xterm-256color"
[~] # ls /usr/share/terminfo/x/
xterm xterm-xfree86
[~] # export TERM=xterm-xfree86

 

説明すると、現在のxtermを調べ、xterm-256colorとなっているので、terminfo内を調べてみるとxterm-256colorが存在せず、xtermとxterm-xfree86なので、それらを指定する事で解決。

Macのターミナルアプリがxterm-256colorとなっているのが原因でもあるので、QNAPへ接続するときには、ターミナルタイプをxtermにしておけばOKです。


QNAPで挙動不審なAFP接続

QNAP内のネットワークサービスでMac用にAppleネットワークのAFP接続があります。

これを有効にして、共有したいフォルダをAFP接続したいのだが、なぜか接続が出来ない。
設定項目に「DHX2認証サポート」が有効になっているので、このチェックを外してみたところ、ゲストアクセスが可能となった。

しかし、今度は、ユーザーによるログインが出来なくなってしまった。

再度、DHX2認証サポートにチェックを入れて有効にしたところ、ゲストでもユーザーによるログインでも可能になった。

何だったんだ!?
何か挙動不審な動作で原因不明…


QNAPのFirmwareバージョンアップをしたが・・・

QNAP Turbo NASのバージョン 3.6 Betaが配布されていたので、バージョンアップしてみた。

詳細及びダウンロードは、こちらから

3.6のバージョンでは、VPNやLDAPサーバ機能の他にも、いろいろ機能が追加され、LDAPサーバを試してみたかったので、バージョンアップした。

適用したのは、TS-859/TS-639/TS-439シリーズの3機種をバージョンアップしてみたのだが、TS-639では、なぜかNFSやSSHがサービス起動しているにも関わらず、接続出来なくなる症状が出た。

さらには、管理画面のネットワークで、インターフェースが表示されずローディングのままで、ネットワーク部分に不調が見られた。
あまりにも不安定だったので、恐る恐る、元のバージョン(3.5.x)にダウングレードしたところ、無事、元に戻った。

やはりベータ版なので、リスクを伴うのかもね。