:::: MENU ::::
Posts tagged with: Plugin

Lazy galleryでサムネイルが表示されなくなった不具合

私が担当しているとあるブログで、サーバ:Coreserver、CMS:WordPressにて運用しており、アルバムのプラグインとして、lazy galleryと言うプラグインを利用しており、WordPress本体とプラグイン更新以外は手を付けておりませんでしたが、いつの間にか、閲覧が出来なくなってしまいました。

推測すると、たいていサムネイルが作成されていないか、パーミッションが適切でないことが多いですが、対処として、

  • キャッシュの削除
  • メモリ不足によりメモリを増やす
  • サムネイルの再構築
  • Coreserverなので、パーミッションの確認

などを確認してみましたが、どれも解決には至らず。

Lazy galleryで作成したアルバムページのソースを眺めていたところ、サムネイルのリンク近くに、何だか別のCSSクラスがあることを発見しました。

原因は、プラグインの競合だったようで、Hammyと言うプラグインを外したところ、無事改善した。


中国以外(日本国内)でもYoukuの動画を見れるChrome機能拡張

最近、忙しかったりして、テレビ番組を予約し忘れたり、見逃した時、Youkuで見せてもらう事がありますが、日本国内では下記のようなエラーで中国以外では見られません。

中国サイトのプロキシーを利用すると、見ることが出来るのでしょうけど、もっと簡単な方法がありました。

Google Chromeの拡張機能で、「Unblock Youku」と言う便利な拡張機能を追加することで視聴が可能になるようです。

何れ、対策されるかもしれないけど、現状はこれが一番簡単ですね。


EasyStartPackプラグインでサイトが遅くなっていた

某WordPressサイトで、アクセスが遅くなっていたので調べてみたところ、プラグインの「Easy Start Pack」のCSSが見つからないのが原因だった。

Firefox上でFirebugを起動し、サイトをチェックしてみたら、Easy Start Packで必要としているJavascriptとcssが見つからないとの事。

JavascriptやCSSは、個別にインストールしなくてはならなかったのかな?

Easy Start Packは、それほど必要としていなかったので削除したところ、劇的に早くなった。


Broken Link Checkerアップデート後にエラー

本日、WordPressプラグインの「Broken Link Checker」をアップデートしたところ、管理画面上部に下記のエラーが出た。

WordPress Error:[Unknown column ‘dismissed’ in ‘where clause’]…

wp_blc..のテーブルがどうたらこうたらとのエラーなので、このプラグインを停止・削除し、DBからwp_blc関連のテーブルが削除されたのを確認後、再インストールしたら、無事、でけた。


WordPressのmime typeを追加したい

WordPressでは、メディアアップロードでアップロード出来るフォーマットが決められているため、それ以外のファイル形式は、許可されていません。

たまに、この対応していないファイルをアップロードしたいのになーと言う時があります。

管理者等で、カスタマイズ出来る方でしたら、wp-include/function.phpを修正すれば、即、可能となるでしょう。


function get_allowed_mime_types() {

static $mimes = false;
if ( !$mimes ) {

// Accepted MIME types are set here as PCRE unless provided.
$mimes = apply_filters( 'upload_mimes', array(
'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg',
'gif' => 'image/gif',
'reg' => 'application/octet-stream',                   <-----追加したいファイル形式
......略........

でも、WordPress更新したりすると、あっさり消えてしまうので、プラグイン導入しておいた方が無難かもしれません。

PJW Mime Config」と言うプラグインを導入し、

File extensionに拡張子を入れ、Mime typeに見合ったmime typeを記述すれば良いだけです。

Mime typeの記述が明確でない場合には、”application/octet-stream”を記述すれば良いでしょう。
ただし、危険を伴うこともお忘れなく!