:::: MENU ::::
Posts tagged with: OSX

wrkのインストール

ベンチマークツールのwrkをインストールしました。

Macでは、brewパッケージで簡単に導入できます。

$ brew install wrk

Linuxでは、パッケージが用意されていないので、githubのリポジトリを利用してインストールします。

$ cd /tmp
$ git clone https://github.com/wg/wrk.git
$ cd wrk/
$ make
$ sudo cp wrk /usr/local/bin/.

使い方

$ wrk -t スレッド数 -c 接続数 <url>

Usage: wrk <options> <url>
  Options:
    -c, --connections <N>  Connections to keep open
    -d, --duration    <T>  Duration of test
    -t, --threads     <N>  Number of threads to use

    -s, --script      <S>  Load Lua script file
    -H, --header      <H>  Add header to request
        --latency          Print latency statistics
        --timeout     <T>  Socket/request timeout
    -v, --version          Print version details

  Numeric arguments may include a SI unit (1k, 1M, 1G)
  Time arguments may include a time unit (2s, 2m, 2h)

 


Macでパス付きZIP圧縮

時々、書類を圧縮する際にパスワードかけなきゃいけない時があるのでメモ

GUIでは、右クリックで圧縮は出来るがパスワードをかけられないので、CUIで行った方が楽。

fileと言うファイル若しくはディレクトリを圧縮したい場合、ターミナルソフトを起動して、

$ zip -e file.zip file
Enter password:
Verify password:

解凍は、GUIからダブルクリックしてパスワード入力するだけ。


Mac 標準のFTPでハマった

Mac OS Xにて、FTP接続で、書き込みが出来なくて、数時間ハマりました。

Macの標準で、メニューバーから「移動」->「サーバへ接続」でFTP接続し、難なくログインまでは出来たのですが、書き込み禁止になっていて、アップロードも出来ない状態に。

数時間、サーバ側の設定をいろいろ弄くり回して解決出来なかったわけですが、原因は、この標準のFTPマウントにありました。

別のFTPクライアントソフト(Transmit,Forklift)を起動すると、あっさりと解決。

どうして、標準のFTPマウントでは、書き込み禁止になってるんだ??

ちなみに、ターミナルからFTPコマンドで接続しても、問題なく書き込み出来るし。



XmindのJVM terminatedエラーで起動しない原因

Mac OS Xで、Xmindが下記のエラーで起動しなくなった。

実は、これ、トロイの木馬型マルウェア「Flashback」対策で、Javaをオフにしていたのが原因。

同じような症状の人は、Java Preferencesで入にチェックが入っているか確認してみよう。


LionでのFTPサーバ設定

Mac OS X Lion(10.7.x)では、セキュリティ上、FTPサービスの存在が隠されているらしいですが、下記でOn/Off出来るようです。

起動


# launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/ftp.plist

停止


# launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/ftp.plist


HomebrewのUpdateで失敗したときの対処

MacのHomebrewで、久しぶりにアップデートをかけたらエラーが出た。

$ brew update
remote: Counting objects: 6240, done.
remote: Compressing objects: 100% (2008/2008), done.
remote: Total 5606 (delta 4174), reused 4882 (delta 3584)
Receiving objects: 100% (5606/5606), 884.05 KiB | 383 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (4174/4174), completed with 525 local objects.
From git://github.com/mxcl/homebrew
   0db9961..51d054c  master     -> origin/master
error: unable to unlink old 'README.md' (Permission denied)
Updating 0db9961..51d054c
Error: Failed while executing git pull  origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master

古くなっているので、gitを更新みたいな感じなので、それなりにやってみた。
ちょっと、無駄もあるかもしれないけど。

$ cd `brew --prefix`
$ git fetch origin
remote: Counting objects: 34, done.
remote: Compressing objects: 100% (15/15), done.
remote: Total 30 (delta 17), reused 27 (delta 14)
Unpacking objects: 100% (30/30), done.
From git://github.com/mxcl/homebrew
   0f95335..8a968e9  gh-pages   -> origin/gh-pages
   
$ brew doctor
...
==> You have uncommitted modifications to Homebrew's core.
Unless you know what you are doing, you should run:
cd /usr/local && git reset --hard

$ git reset --hard
HEAD is now at 0db9961 PySide: Update to 1.1.0

$ git fetch git://github.com/mxcl/homebrew.git
From git://github.com/mxcl/homebrew
 * branch            HEAD       -> FETCH_HEAD
waiMac:local washo$ git reset FETCH_HEAD
Unstaged changes after reset:
M	Library/Aliases/bjam
....
M	share/man/man1/brew.1


$ brew update
Already up-to-date.

無視しても構わないアクセス権検証の警告

Macの調子が悪かったので、ディスクユーティリティでアクセス権の検証を行ったところ、下記のような修復できない警告があった。

警告:SUID ファイル「System/Library/CoreServices/RemoteManagement/ARDAgent.app/Contents/MacOS/ARDAgent」が変更されていて、修復されません。

調べてみると、アップル公式の記事「Mac OS X:ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される」によると、無視して良いらしい。

それにしても、無視して良いメッセージが多すぎる。
ディスクユーティリティ内で、「無視して構いません」とのメッセージを出して欲しいものだ。


Macでssh-copy-id

Macには、標準でssh-copy-idが入ってないので、不便。

利用するには、

  • Homebrew導入済みの場合は、
    # brew install ssh-copy-id
  • Homebrewを利用しない場合は、他のLinuxからssh-copy-idをコピーしてくる
    (ssh-copy-idは、単なるシェルスクリプトなので、動くはず)
参考までに、利用の流れは、
  1. ローカル側で、パスフレーズなしの鍵作成
    $ ssh -t rsa
  2. ssh-copy-idを利用して、公開鍵をリモートへコピー
    $ ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.pub foo@remote.server
  3. リモート側のパスワードを聞かれるので、入力
  4. リモート側のAuthorized_keyに鍵が保存される
  5. ローカル側からリモート側へ、SSH接続し、パスなしにログインできれば完了

Homebrewでrsync3をインストール

Mac上にインストールしたrsyncが2系で古かったので、3系へバージョンアップしたかったが、brewでrsyncがない模様。

Homebrew必須

こちらの記事を参考にして、brewでインストールし完了!(感謝)

# vi /usr/local/Library/Fomula/rsync.rb
require 'formula'

class Rsync <Formula
url 'http://rsync.samba.org/ftp/rsync/src/rsync-3.0.7.tar.gz'
homepage 'http://rsync.samba.org/'
md5 'b53525900817cf1ba7ad3a516ab5bfe9'

def install
system "./configure", "--prefix=#{prefix}",
"--disable-debug",
"--with-rsyncd-conf=#{prefix}/etc/rsyncd.conf",
"--enable-ipv6"
system "make install"
end
end

保存して、brewコマンドでインストール。

# brew install rsync

ページ:12