:::: MENU ::::
Posts tagged with: Debian

Debian8へZabbix 3.x Agentのインストール

Debian8へZabbix 3.xのインストール

Debianデフォルトのzabbixパッケージは、2.xと古いので、3.xのリポジトリを追加してインストールする手順です。

リポジトリ追加

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.0-1+jessie_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_3.0-1+jessie_all.deb
# apt-get update

zabbix-agentインストール

# apt-get install zabbix-agent

サーバー先の設定

zabbix agentはサーバーへ情報を送るプログラムなので、情報を送るサーバーIPを記述する必要があります。

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
....
Server=127.0.0.1  <--このIPを修正します
....

保存後に、zabbix agentを再起動

# systemctl restart zabbix-agent.service

Zabbixサーバー

ちなみに、Zabbixサーバーをインストールするには下記でインストール

# apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php

今回のZabbix agentを含め、Debianにかぎらず、サーバーをインストールした後には、設定ファイルやPHP環境を変更する必要があるので、下記公式の記事を参照です。
https://www.zabbix.com/documentation/3.0/manual/installation/install_from_packages#debianubuntu


3Wareドライバーの在り処

Debianで動作していたLinux機が起動出来なくて、OS再インストールした際に、RAIDカードの3ware製ドライバーのリンク先が変更されていたようで、結構手間取ってしまった。

以前は、3ware.comでしたが、下記URLに変更されていたんですね。

http://www.avagotech.com/support/download-search

せっかくなので、ついでにインストールのメモ

3DMのインストール

上記URLから該当するRAID Controllerを検索し、Software欄で、Linux版の3DM2 CLI Linux from the 10…..をダウンロード

解凍とインストール

# unzip 3DM2_CLI-linux_***.zip
# chmod 755 install.sh
# ./install.sh -i


..........
Press Y to accept the License Agreement or N to decline (and exit) then press 'Enter Key': Y
(Yを入力する)

3ware CLI &amp; 3DM2 installation, configuration and removal script.
(c) 2010 LSI, Inc. All rights reserved.

Script version: v3.00.00.021
*******************************


3DM2 supports two modes of operation.
-------------------------------------
0 - 3DM2 with WEB interface
1 - 3DM2 Error/Event Logger only

Which version of 3DM would you like configured? (0|1) 0 (0を入力)
*** 3DM2 selected. ***

*** Installing 3DM2 and CLI ***


Press 'Enter Key' to continue with installation or Control C to exit.

Creating installation tmp directory /tmp/3ware... done.

Extracting installation files to /tmp/3ware... done.

Changing directory to /tmp/3ware to continue installation done.
Creating 3dm2 configuration directory (/etc/3dm2)... done.
Creating 3dm2 install path (/opt/3ware/3DM2)... done.
Creating 3dm2 message file install path (/opt/3ware/3DM2/msg)... done.
Creating 3dm2 help file install path (/opt/3ware/3DM2/help)... done.
Creating CLI install path (/opt/3ware/CLI)... done.

******************************************
**** Installing 3DM2 files for x86_64
******************************************

Copying install.sh to /opt/3ware... done.
Installing 3dm2u binary to /opt/3ware/3DM2... done.
Setting runtime permissions for /opt/3ware/3DM2/3dm2... done.
Installing 3dm2 message files to /opt/3ware/3DM2/msg... done.
Installing 3dm2 help files to /opt/3ware/3DM2/help... done.
Installing 3dm2 configuration file to /etc/3dm2... done.
Installing 3dm2 logo file to /etc/3dm2... done.
Installing /etc/init.d/tdm2 script... done.
Setting runtime permissions for /etc/init.d/tdm2... done.

******************************************
**** Installing CLI files for x86_64
******************************************

Installing CLI binary to /opt/3ware/CLI/tw_cli... done.
Setting runtime permissions for /opt/3ware/CLI/tw_cli... done.
Installing CLI html help to /opt/3ware/CLI... done.
Installing CLI man page to /usr/share/man/man8... done.

***************************************
**** Configuring CLI &amp; 3DM2
***************************************

Creating /usr/sbin/3dm2 symbolic link to /opt/3ware/3DM2/3dm2... done.
Creating /usr/sbin/tw_cli symbolic link to /opt/3ware/CLI/tw_cli... done.
Setting runtime permissions for /etc/3dm2/3dm2.conf... done.

***************************************
**** Finishing Installation
***************************************


*** Starting 3DM2 using configuration found in /etc/3dm2/3dm2.conf ***
[ ok ] Starting tdm2 (via systemctl): tdm2.service.

今回は、対話モードでのインストールでしたが、対話無しで一気にインストールする場合は、下記で。

# ./install.sh --install -fN0

確認

ps aux|grep 3dm
root 14492 0.0 0.0 77220 2744 ? Sl 09:21 0:00 /usr/sbin/3dm2

接続

http://localhost:888/
Administratorでログインする
初期パスワードは3ware

補足

自Linux上のFirefoxからlocalhost:888にアクセスしても、接続出来ないので、ファイヤーウォールやらポート確認してみましたが、問題ないので、他端末のGoogle Chromeでアクセスしたところ、無事にアクセスすることが出来た。

Firefoxだけの原因のようで、下記の何れかに該当するのかもしれません。

https://support.mozilla.org/ja/kb/firefox-cant-load-websites-other-browsers-can

追記:私の環境の場合、httpsでアクセスした際に証明書の問題のようで、「例外を追加」することでアクセス出来るようになりました。

https://support.mozilla.org/ja/kb/secure-connection-failed-error-message


Debian 8(Jessie)にVMware Toolsをインストール

前記で、Debian 8(Jessie)をVMware Fusion上にインストールしたので、VMware-Toolsを導入しました。

まずは、VMwareTools導入にあたり、必須となるファイルやプログラムをDebian上にインストールします。

# apt-get install gcc make perl
# apt-get install linux-headers-$(uname -r)

MacのVMware Fusion上のメニュー欄から仮想マシンのVMware Toolsのインストール選びます。
すると、/media/cdromへマウントされます。

その中の既存のインストーラを起動しようとすると・・下記のエラー

chmod: `./vmware-tools-upgrader-64′ のパーミッションを変更しています: 読み込み専用ファイルシステムです

なので、/tmp/に展開してインストール

# tar zxf /media/cdrom/VMwareTools-9.9.2-2496486.tar.gz -C /tmp
# cd tmp/mware-tools-distrib/
# ./vmware-install.pl

再起動後、VMwareToolsが有効になっている事と思います。


Debian wheezy(7.8) から jessie(8.0)へアップグレード

Debianが約2年ぶりにメジャーアップグレードで、Debian 8.0 Jessieがリリースされましたので、早速、既存の7.x(wheezy)からアップグレードを行ってみました。
メジャーアップグレードでリリースされたばかりなので、用心をとって、VMware Fusion上にてテスト的にアップグレードです。

VMware Fusion上で、7.8(wheezy)をnet installした後、8.0(jessie)へのアップグレード方法です。

もし、運用しているwheezyをそのままアップグレードする場合には、/etc下やapt関連のバックアップを取ってから行った方が良いでしょう。

  1. 既存のパッケージを更新しておきます。
    # apt-get update; apt-get upgrade
    また、整合性の競合がないことも確認しておきましょう
  2. wheezyからjessieへsourcelessを変更
    # sed -i 's/wheezy/jessie/g' /etc/apt/sources.list
  3. 更新・アップグレード
    # apt-get update
    # apt-get upgrade
    # apt-get dis-upgrade
  4. 掃除
    # aptitude purge '~c’
  5. 再起動
    # init 6
  6. バージョン確認
    #lsb_release -aNo LSB modules are available.
    Distributor ID: Debian
    Description: Debian GNU/Linux 8.0 (jessie)
    Release: 8.0
    Codename: jessie

以上で、7.xから8へのアップグレード完了です。

jessieから、GNOMEが標準になったり、標準のinitシステムがSysVinitからSystemdへ変更されたりと、7.xとは大幅な変更がありますし、リリースされたばかりと言うこともあり、不具合も出る可能性が大いにあるので、急がなければ、1ヶ月近くは様子をみて、アップグレードした方が良いかと思われます。


Linux上で重複したファイルを探して削除する

Linux上で重複したファイルを削除するツールにfdupesというツールがあります。
findなどで、単にファイル名やファイルサイズを比較しても、中身が同じであるとは限りませんが、fdupesは、ファイルサイズとmd5ハッシュ値を比較して、重複ファイルを抽出するので、ほぼ間違いないツールだと思います。

fdupesは標準では入っていないので、インストールする必要があります。
Debian系だと、そのままapt-getでインストール

# apt-get -y install fdupes

RedHat系だとepelのリポジトリにてインストール出来ます。

# yum -y install fdupes --enablerepo=epel

使い方
あるディレクトリ内を再帰的に重複ファイルを検索

$ fdupes -r ~/Dropbox/

重複ファイルを対話形式で削除

$ fdupes -rd ~/Dropbox/

最初に検索されたファイルを除外し、確認しながら削除

$ fdupes -frdN ~/Dropbox/

最初に検索されたファイル以外を問答無用で削除

$ fdupes -fr ~/Dropbox/ | xargs rm

注意事項
-fの引数で最初に検索されたものが除外されるが、果たして、この除外されたファイルが実際に残しておかなくてはならないのか判断する必要があります。
中には重複したファイルが、あるディレクトリ内になくてはならないものも存在します。

ですので、一番安心な方法は、fdupes -rで検索した結果をリスト化して、自分の判断で削除する事ですね。

$ fdupes -rf ~/Dropbox/ | sort | uniq | grep -v '^$' > duplicate.txt

ルート領域がフルになりそうなのでコマンドラインで確認してみる

このサイトでは、Sientific Linux 6.xの64bitで運用しており、ハードディスク容量を見てみたところ、99%使用で、危うく100%超しそうでした。

WindowsやMacでは、GUIでグラフィカルなHDD容量チェックルーツがたくさんあります。もちろんLinuxでもないわけではありませんが、コマンドラインの方が簡単で慣れてるので、コマンドラインでチェックです。

全体の容量を見るには、df -Hでパーティション毎に、容量情報を見ることが出来ます。
調べてみたところ、ルート(/)領域が99%で、その中でも/usr以下がほぼ占めてた。

それで、/usr/以下を下記コマンドで調べてみた。

# du -s /usr/* | sort -n
1.5M ./bin
4.0K ./etc
4.0K ./games
4.0K ./lib64
4.0K ./libexec
4.0K ./sbin
4.0K ./src
36G ./vpnserver
87M ./lib
382M ./rbenv
436K ./share
688K ./include

vpnserver下が圧倒的に容量を喰っていたので、さらに調べていったら、ログが溜まっていたのが原因でした。
あっさりとログを削除したころ、HDD空き容量が99%から20%にも減りましたとさ。


Debianでsourcelist内のhttpsが取得出来ないとき

標準以外のとあるパッケージを導入しようと、/etc/apt/sources.list内にURLを記述し、apt-get updateで更新したところ、下記のエラー

sudo apt-get update
E: The method driver /usr/lib/apt/methods/https could not be found.

調べてみたら、/usr/lib/apt/methods/内にhttpsがないので、エラーとなってますね。

解決方法は、httpsに対応したapt methodをインストールすれば良いです。

# apt-get install apt-transport-https

これで、/usr/lib/apt/methods/内にhttpsが導入されますので、もう1度apt-get updateで更新するだけです。

何で、標準でhttpsが入ってないんだろう?


Linuxディストリビューションのバージョン確認

ちょいと、仕事で必要だったのでLinuxディストリビューションのバージョン確認方法を調べてみた。

Redhat

Fedora
$ cat /etc/fedora-release 
Fedora release 19 (Schrödinger’s Cat)

Scientific Linux
$ cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.4 (Carbon)

CentOS
$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 (Final)

RedHat/Enterprise
$ cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 5.6 (Tikanga)

Turbolinux
$ cat /etc/turbolinux-release
Turbolinux Server 6.5 (Jupiter)

openSUSE
$ cat /etc/SuSE-release
openSUSE 12.3 (x86_64) VERSION = 12.3 CODENAME = Dartmouth

 

Debian系

Debian
$ cat /etc/debian_version
7.1

Ubuntu
$ cat /etc/debian_version
squeeze/sid

 

参考までに、

Unix/BSD

Solaris
$ uname -sr
SunOS 5.10

FreeBSD
$ uname -sr
FreeBSD 9.1-RELEASE

Mac
$ uname -sr
Darwin 12.4.0

 

この他にも沢山のLinuxディストリビューションが存在しますが、下記の2つだけ覚えておけば良いようです。

  • Linux系では、/etc/issueを閲覧
  • Unix/BSD系では、uname -srを実行

Linuxにnamebenchをインストール

namebenchをLinuxにインストールした。
ソースからビルドしてインストールするので、Linux全般に導入可能。

尚、コンパイル・実行には、pythonで書かれているので、python必須

  1. ソースをダウンロード
    $ wget -c http://namebench.googlecode.com/files/namebench-1.3.1-source.tgz
  2. 解凍
    $ tar -xzvf namebench-1.3.1-source.tgz
  3. ビルドとインストール
    $ cd namebench-1.3.1
    $ python setup.py build
    $ sudo python setup.py install

実行するには、namebench.pyを走らせるだけ。

ちなみに、実行ファイルは/usr/bin/、データ等は、/usr/namebenchへインストールされてる。


ページ:12