:::: MENU ::::

Lets’s Encryptの証明書期限切れたので再作成

SSL証明書では、Lets’s Encryptの証明書を利用しているのですが、期限が3ヶ月なので、ちょっと油断していると証明書切れになります。

事前に、証明書を更新する通知も来るのですが、後回しにしていたら、期限が切れてしまいましたので、再作成しました。

再作成なので、certbot-auto renewすればいいんじゃね?
しかし、renewだけじゃ、証明書が期限切れのままでダメでした。
なので、結局、振り出しに戻って一から再作成することにしました。

Let’s Encrypt 証明書再作成

ウェブサーバー停止

まずは、80番ポートを利用しているウェブサーバーを停止

私の場合はnginxなので、

# service nginx stop

古い証明書関連ファイルやディレクトリを削除

下記に古いファイルやディレクトリが保存されているので、該当するドメインを削除します

証明書新規作成

私の環境では、/var/opt/letsencrypt/に格納されているので、

# cd /var/opt/letsencrypt/
# ./certbot-auto certonly --standalone -d foo.bar.com

複数ドメインがある場合 -d オプション後に続けて明記するような記事もあるのですが、上手くいかなかったので、複数ある場合でも一つずつ行う必要がありました。

ウェブサーバー起動

# service nginx start

ここまでで証明書再作成作業は終了です。

メンテナンス

更新

期限まで30日未満のものを更新

# ./certbot-auto renew

全ての証明書を強制更新

# ./certbot-auto renew —force-renew

自動更新

更新切れを気にする必要がないように、cronで自動更新した方が楽です
毎月の1日に更新するように設定

# cd /etc/cron.d
# vi letsencrypt
0 0 1 * * root /var/opt/letsencrypt/certbot-auto renew --post-hook "service nginx restart"
[`evernote` not found]


So, what do you think ?