:::: MENU ::::

Picklesへのアップロードが失敗するとき

pickles対応のgyazoでアップロード時に失敗するエラーが出た。

idもパスコードも間違いないのに、Uploadに時間がかかり、よく見てるとAVGが動いている様子。
なので、こいつの常駐シールド外してみたところ、あっさり解決

原因が判明したので、再度AVGの常駐シールドを有効にし、「高度な設定」から「除外された項目」にpickles.exeを追加し、動作確認して完了。


QuickAdsenseの文字化け

WordPressプラグインのQuickAdsenseでコードを記入した際に、日本語が入ると、文字化けを起こしたり、広告が表示されなかったりするので、文字コードを指定することで対処。

こちらの記事通り
【備忘録】PluginQuick Adsense” の文字化け対策


quotacheckでのエラー表示

fstabにquota表記を追記し、再マウントした後に、quotacheckを実行したらエラーが出た。

# quotacheck -cv /home
quotacheck: Your kernel probably supports journaled quota but you are not using it. Consider switching to journaled quota to avoid running quotacheck after an unclean shutdown.
quotacheck: Quota for users is enabled on mountpoint /home so quotacheck might damage the file

一度、再起動しても、同じ症状のエラーが表示されたので、下記を実行

# quotaoff -av
# quotacheck -a
# quotaon -av

SciencetificLinux6.0から6.1へのアップデート

バージョンアップする前には、バックアップをとっておく。

バージョン6.0から6.1にアップグレードします

# yum --releasever=6.1 update
sl                                                       | 3.2 kB     00:00
sl/primary_db                                            | 4.0 MB     00:02
sl-security                                              | 1.9 kB     00:00
sl-security/primary_db                                   | 1.1 MB     00:00
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package audit.x86_64 0:2.1-5.el6 set to be updated
.......
.......
---> Package yum-metadata-parser.x86_64 0:1.1.2-16.el6 set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package                      Arch       Version                   Repository
                                                                           Size
================================================================================
Updating:
 audit                        x86_64     2.1-5.el6                 sl     207 k
........
........
yum-metadata-parser          x86_64     1.1.2-16.el6              sl      26 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       0 Package(s)
Upgrade      87 Package(s)

Total download size: 57 M
Is this ok [y/N]: y
......
(87/87): yum-metadata-parser-1.1.2-16.el6.x86_64.rpm     |  26 kB     00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                           1.8 MB/s |  57 MB     00:32
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Updating       : libgcc-4.4.5-6.el6.x86_64                              1/174
........
yum-autoupdate.noarch 5:2-2
  yum-metadata-parser.x86_64 0:1.1.2-16.el6                                     

Complete!

アップデートが終わったら再起動する。

# shutdown -r now
一応、バージョン確認
# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.1 (Carbon)


TimeZoneの変更

Virtualbox内のゲストOSで時間がずれるので、調べてみると、CPUプロセッサを2以上に設定していると起こる現象らしい。

すでにCPUx2でLinuxのゲストOSを作成していて、プロセッサを1に減らすと、起動しなくなったので、臨時的にTimeZoneを変更した。

clockファイルの修正

# cd /etc/sysconfig
# vi clock
# cat clock
ZONE="US/Arizona"
UTC=false
ARC=false

localtimeの修正


# rm -f /etc/localtime
# cp -p /usr/share/zoneinfo/US/Arizona /etc/localtime

システム時刻とハードウェアクロックを同期


# /sbin/clock --systohc


コメント文を取り除くgrep

コメント文を非表示にしたり、取り除く方法をよく忘れるのでメモ

コメント行と改行だけの行を削除
$ grep -v -e '^#' -e '^$' 

空行をカットする
$ grep -v '^$' 
  
コメント行をカットする
# で始まる行を消去し、空白や空行も削除
$ grep -v -e '^[ ^t]*#' -e '^$' 

それぞれ、リダイレクションで別ファイルに出力すると、コメント無しのファイルが出来上がる。


413 Request Entity Too Large

WordPressのweaverテーマで、ヘッダ画像をアップロードしようとしたら、下記のエラーが出た。

413 Request Entity Too Large 

サーバプログラムは、nginxで、client_max_body_siteは100Mを指定しているのになぜ??

実は、client_max_body_siteの記述をvirtualhost定義内に記載していたのが間違いのよう。

/etc/nginx.conf内のhttp{}内に記載したら、行けましたとさ。

あと、nginxはreloadやrestartでなく、stopしてstartした方が良さげ。


VDIをシュリンクした後に起動しない

qemu-imgでrawからqcow2へ変換した後に、ゲストOSを起動すると、起動できないことがある。

Booting from Hard Disk…
Boot failed: not a bootable disk

No bootable device.

ゲストOSの設定で、一旦、ディスク情報を削除し、再設定すると無事、起動する。

こんなもんなのかい?


Spiceで戻って来られない

KVMとゲストOSの通信に使われるプロトコル「Spice」で接続できるまでは、良いのだが、ローカル側に戻って来られない症状が起きた。

と言うか、戻る方法を知らないだけです。(^_^;

どうすれば良いのか??

公式ページのドキュメントに記載されていた。(http://www.spice-space.org/docs/spice_user_manual.pdf)

Control hot keys

Shift + F11
Toggle full-screen / window mode

Shift + F12
Release the cursor if captured in window

On debug mode, these are available as well:

Shift + F5
Connect to the server

Shift + F6
Disconnect from the serve

ってなわけで、Shift+F12で無事、離脱する事が出来た。

あと、MacでSpiceクライアントってあるのかな??


ページ:1...1819202122232425