:::: MENU ::::

Macのディスクユーティリティでマウント解除できない時の対処

私の使っているiMac内蔵のSSDがよく壊れます。
ディスクユーティリティで検証・修復しようとしても、”修復できません”との警告で、よく復旧作業を行うことがあります。

通常だと、「⌘(コマンド)+ R」のリカバリモードで起動し、ディスクユーティリティを起動して、壊れたSSD/HDDを消去するのですが、時々、”マウント解除できませんでした”と消去すらできない症状に遭遇します。
おそらく、リカバリーモードで起動しても、消去対象のSSD/HDDに何らかのアクセスがあるからマウント解除できないのでしょう。

ディスクユーティリティを抜け、コンソールで調べてみても良いかと思いますが、面倒臭いので、USBディスクで起動するとあっさり消去できますので、緊急起動用にインストールUSBを作成しておくと良いです。
ちょっと情報古いですが、インストールUSBの作り方はこんな感じで↓

OS X 10.8 Mountain Lion インストールUSBの作り方

コンソールで作業したい方は、psやlsofで消去対象のSSD/HDDを探して、プロセスを殺すと上手く行くかと思います。


$ sudo lsof /Volumes/<HDD名や共有名>
mds 60 root 50r DIR 48,12 16384 2 /Volumes/share
Finder 360 hoge 26r DIR 48,12 16384 2 /Volumes/share
zsh 75882 hoge cwd DIR 49,10 1554 2 /Volumes/share

この場合は、shareがFinderとzshで利用されているので、Finderで開いていないか、zshでshare内にいないか確認すればOKですね。

偶に、Finderが全て閉じているにも関わらず、アンマウントできないことがあるので、その場合には、FinderをOption+右クリックで「再度開く」により、Finderを再起動しましょう。

[`evernote` not found]


So, what do you think ?