:::: MENU ::::

ScientificLinux 6.1から6.2へのアップグレード

アップグレードする前に、6.2のリリースノートを見ましょう。

現状のバージョン確認

$ cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.1 (Carbon)
$ rpm -qa sl-release --qf '%{v}\n'
6.1

sl.repoのバックアップ

6.2へバージョンアップすると、/etc/yum.repo.d/sl.repoとsl-other.repoが更新されますので、カスタマイズしている方は、バックアップをとっておく。(sl.repo.rpmsaveが自動的にバックアップされるので必要ないかも)
小生は、カスタマイズしていないので、そのまま次へ進む

現状のシステムを更新

必要ないかもしれませんが、一応、6.1の最新バージョンにアップデートしておきます。

# yum update
# yum clean all

リポジトリを6.2へ更新

いよいよ6.1から6.2へリポジトリを切り替えます。

# yum --releasever=6.2 update sl-release
Running Transaction
Updating : sl-release-6.2-1.1.x86_64 1/2
Cleanup : sl-release-6.1-2.x86_64 2/2

Updated:
sl-release.x86_64 0:6.2-1.1

リポジトリ確認

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.2 (Carbon)
# rpm -qa sl-release --qf '%{v}\n'
6.2

システム・パッケージを6.2へ更新

# yum update
...
...略
yum-plugin-security noarch 1.1.30-10.el6 sl 36 k

Transaction Summary
===========================================================================================================================================================
Install 3 Package(s)
Upgrade 95 Package(s)

Total download size: 35 M
Is this ok [y/N]: y
…..
yum-autoupdate.noarch 5:2-4.2 zlib.x86_64 0:1.2.3-27.el6

Complete!

これで、sl6の6.2へのアップグレードが完了しました。
出来れば、再起動した方が好ましいでしょう。

再起動後、無事、立ち上がり、「Scientific Linux release 6.2 (Carbon)」のログイン画面が出てきたら、終了です。

/boot領域が多くないので、私の環境では、古いKernelを削除しておいた。

# package-cleanup --oldkernels


So, what do you think ?