:::: MENU ::::

Scientific Linux 6.xにMozcをインストール

さくらのVPS上で運用しているsl6にMozcをインストールして、日本語が使いやすくなった。

ちなみに、Mozcって、Google日本語入力のオープンソース版の事ね。

通常のリポジトリでは、Mozcはサポートしていないので、より簡単にインストールができるIKOINOBAのリポジトリを利用させていただきました。

  1. IKOINOBAリポを/etc/yum.repos.d/に置く
    # cd /etc/yum.repos.d/
    # wget http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/ScientificLinux_6/home:sawaa.repo
  2. YUM更新
    # yum update
  3. mozcパッケージをインストール
    # yum -y install mozc+dict ibus-mozc
  4. 一度、ログアウトするか再起動する
  5. ibusの設定
    $ ibus-setup[インプットメソッド]→[インプットメソッドの選択]→[日本語]→[Mozc]→[追加]→右の[上]・[下]でMozcを一番上に移動する

今回は、sl6の設定でしたけど、他のディストリビューション(UbuntuなどのDebian系、CentOS等のRedHat系)でも、IKOINOBAのリポジトリで対応してます。

[`evernote` not found]


So, what do you think ?