:::: MENU ::::

RedHat系でdjangoをインストール

RedHat系OS(CentOS,sl6)等で、djangoのインストールメモ

今回、sl6上で作業しました。

epelリポジトリが入ってなければ導入しておく

# yum install epel-release

Pythonが入ってなければ、インストール

# yum install python

Djangoのインストール

# yum install Django

確認


# python

Python 2.6.6 (r266:84292, Jun 18 2012, 09:57:52)
[GCC 4.4.6 20110731 (Red Hat 4.4.6-3)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import django
>>> print django.get_version()
1.3.1
>>>

プロジェクト作成

$ django-admin startproject test
$ cd test

テストサーバ起動

$ python manage.py runserver
python manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
Django version 1.3.1, using settings 'test_project.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

自マシンから、ブラウザにて、http://127.0.0.1:8000/にアクセスし、It worked! …が表示されたら完了。

デフォルトでは、自マシン(127.0.0.1)からアクセス出来ませんので、他のマシンで表示したい場合やポート番号を変更したい場合は、

$ python manage.py runserver 0.0.0.0:8080

今回は、djangoの最低限の導入・動作確認だけでしたが、SQLやApache連携はまた後日に。



So, what do you think ?