:::: MENU ::::

ゲストOSのLinuxでVirtualbox Guest Additions導入が失敗する場合の対処

VirtualboxのゲストOSにLinuxを入れ、そこに、Guest Additionsをインストールしようとすると失敗する場合がある。

通常インストールは、VirtualboxホストOS側で、デバイス–> Guest Additionsのインストールを選び、ゲストOS側にマウントされるので、そのままインストールするだけ。

失敗する場合は、下記のようなメッセージで教えてくれる。

# ./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.1.2 Guest Additions for Linux.........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing installed version 4.1.2 of VirtualBox Guest Additions...

Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
The gcc utility was not found. If the following module compilation fails then
this could be the reason and you should try installing it.

The headers for the current running kernel were not found. If the following
module compilation fails then this could be the reason.
The missing package can be probably installed with
yum install kernel-devel-2.6.32-131.12.1.el6.x86_64
...
...

gccがなくて、kernel-develが必要だよ〜って。

今回、私の環境では、sl6(64bit)なので、下記のように必要なパッケージをインストール。

# yum install gcc.x86_64 kernel-devel-2.6.32-131.12.1.el6.x86_64

この後、再度、Guest Additionsのインストールを行い、成功すれば、OS再起動で利用可能となる。



So, what do you think ?