:::: MENU ::::

etckeeperで/etcをgit管理

Pocket

/etcをGit管理出来るetckeeperは以前か知っていたのだが、放置したままだったので、今更導入してみた。

インストール

Redhat系

# yum -y install etckeeper --enablerepo=epel

Debian系

# ap-get -y install etckeeper

設定

/etc/etckeeper/etckeeper.confの下記箇所を確認及び追記

VCS="git"
 PUSH_REMOTE="origin"

初期化

# cd /etc/
# etckeeper init

origin追加

# git remote add origin git_url

コミット

# etckeeper commit -m 'first commit'

bitbucketの利用

githubでもやることは同じ

  • bitbucketにログインし、リポジトリを作成
  • etckeeper側ホストでoriginの登録
    # git remote add origin git@bitbucket.org:user/repo
  • ssh鍵の登録
    etckeeper側ホストでrootにて、鍵がなければを作成する(パスは空で)

    # sh -c 'ssh-keygen ; less /root/.ssh/id_rsa.pub’

    表示されたssh鍵をbitbucket側に登録する

注意することは、作成したリポジトリの設定でSSH鍵を登録するのでなく、アカウント設定欄からSSH鍵を登録すること。
各リポジトリ設定でssh鍵を登録するとリードオンリーとなりアクセス拒否されてしまいます。

  

自動実行

etckeeperをインストールした時点で、/etc/cron.dailyにスクリプトが作成されるので、毎日自動で/etc内を更新してくれるようになっています。

一度、手動実行して、無事に登録出来るのか確認してみると良いでしょう。

# /etc/cron.daily/etckeeper

So, what do you think ?