:::: MENU ::::

Autofsでnsswitchが読めない?

数台あるLinux(CentOS,sl6)サーバのうち、2台ほどNFS接続する必要があり、設定してみたところ、Autofs(automount)が失敗し、下記のエラーが出た。

Aug 6 09:56:38 hoge automount[14683]: nsswitch_parse:173: couldn’t open /etc/nsswitch.conf
Aug 6 09:56:38 hoge automount[14683]: lookup_nss_read_master: can’t to read name service switch config.

nsswitch.confが読めないって?

http://www.mail-archive.com/centos@centos.org/msg86851.htmlによると、どうやらSELinuxが有効な環境で、Sudoをアップデートした際に、nsswitch.confの属性に悪さをしているとの事。

ちなみに、私の環境では、

# egrep -v "^#" /etc/selinux/config

SELINUX=disabled
SELINUXTYPE=targeted 

# rpm -aq sudo
sudo-1.7.4p5-12.el6_3.x86_64

# ls -Z /etc/nsswitch.conf
-rw-r--r--  root root system_u:object_r:rpm_script_tmp_t /etc/nsswitch.conf

解決策は、restoreconを使うと良いらしい。

# restorecon /etc/nsswitch.conf && service autofs restart
Stopping automount:                                        [  OK  ]
Starting automount:                                        [  OK  ]

# ls -Z /etc/nsswitch.conf
-rw-r--r--  root root system_u:object_r:etc_t          /etc/nsswitch.conf

私の場合、今後もSELinux絡みは、何かと面倒くさいので、SELinuxをdisabledにしちゃいました。

[`evernote` not found]


So, what do you think ?