:::: MENU ::::

APCからZend OPcacheへ変更

Scientific Linux(sl6)で運営しているこちらのサイトで、APCをやめて、Zend OPcacheへ変更してみた。

現状の環境は、

Scientific Linux: 6.4
PHP: 5.4.19 (php-fpm)
nginx: 1.4.2
APC

Zend OPcache導入

redhat系のsl6,CentOS,Fedoraではパッケージが用意されていないようなので、githubからソースプログラムを引っ張って、コンパイル・ダウンロードする。

その前に、php-deveが必要なので、php-develをインストールしておく。

# yum install php-devel --enablerepo=remi

githubからインストールまでの作業

$ sudo yum install php-devel --enablerepo=remi

$ git clone https://github.com/zend-dev/ZendOptimizerPlus.git
$ cd ZendOptimizerPlus
$ phpize
$ ./configure --with-php-config=/usr/bin/php-config
$ make
$ make test
$ sudo make install

make installで、/usr/lib64/php/modules/opcache.soがインストールされるので、これをphp.iniで読み込む

php.iniに下記を追記

/usr/lib64/php/modules/opcache.so

APCが読み込まれているので、これを無効にする。

# cd  /etc/php.d/
# mv apc.ini apc.ini.bak

nginx再起動し、確認

# /sbin/service nginx restart
# php -v
PHP 5.4.19 (cli) (built: Aug 22 2013 08:03:53)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies
  with Zend OPcache v7.0.3-dev, Copyright (c) 1999-2013, by Zend Technologies

with Zend OPcacheが表示されればOK。



So, what do you think ?