:::: MENU ::::

コマンドライン(cui,fdisk)でHDD追加

今更感があるが、Linuxで稼働中のサーバにHDDを追加する場合が、たまにあるのでメモっておく。

追加のHDDは、既に物理的に接続されているものとする。

HDDを確認


# fdisk -l
….
ディスク /dev/sdb: 53.7 GB, 53687091200 バイト
ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 51200
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0xa128e904

/dev/sdbのHDDが追加されたのを確認し、

領域作成


# fdisk /dev/sdb
コマンド (m でヘルプ): 1
コマンドの動作
a ブート可能フラグをつける
b bsd ディスクラベルを編集する
c dos 互換フラグをつける
d 領域を削除する
l 既知の領域タイプをリスト表示する
m このメニューを表示する
n 新たに領域を作成する
o 新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
p 領域テーブルを表示する
q 変更を保存せずに終了する
s 空の Sun ディスクラベルを作成する
t 領域のシステム ID を変更する
u 表示/項目ユニットを変更する
v 領域テーブルを照合する
w テーブルをディスクに書き込み、終了する
x 特別な機能 (エキスパート専用)

コマンド (m でヘルプ): t

領域が定義されていません

コマンド (m でヘルプ): n

コマンドアクション
e 拡張
p 基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-51200, 初期値 1):
初期値 1 を使います
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-51200, 初期値 51200):
初期値 51200 を使います

 

マンド (m でヘルプ): t
選択した領域 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): L

0 空 24 NEC DOS 81 Minix / 古い bf Solaris
1 FAT12 39 Plan 9 82 Linux スワッ c1 DRDOS/sec (FAT-
2 XENIX root 3c PartitionMagic 83 Linux c4 DRDOS/sec (FAT-
3 XENIX usr 40 Venix 80286 84 OS/2 隠し C: c6 DRDOS/sec (FAT-
4 FAT16 <32M 41 PPC PReP Boot 85 Linux 拡張領 c7 Syrinx
…..
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 83

マンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
ディスクを同期しています。

フォーマット

# mkfs.ext4 /dev/sdb1

マウントしてみる (/optへマウント)


# mount /dev/sdb1 /opt
# df
/dev/sdb1 51606124 184136 48800552 1% /opt

恒久的にマウント

/etc/fstabへ追記

# vi /etc/fstab
…
/dev/sdb1 /opt ext4 defaults 1 2

fstabの書式に問題ないか、確認

# mount -a
# df


So, what do you think ?