:::: MENU ::::
Browsing posts in: WordPress

Coreserverリニューアル後にWordPress閲覧不可に

Coreserver上にて、とあるブログサイトをWordPressで運用していたのですが、数日前から閲覧不可になってた。

どうやら、Coreserverにて大規模なリニューアルが行わたのが原因のようです。

https://www.coreserver.jp/info/brandnew2017/

CPUコア数やメモリ増強、SSD対応など機能的にはかなりアップしたようなのですが、PHP/MySQL/Apacheなども最新のバージョンが採用された影響で、今まで動作していたWordPressが動作しなくなってしまいました。

調べてみると、WordPress自体が動作していなく管理画面すら入れない状況でした。

画面上では、真っ白で何も表示されていないので、SSHでログインし、デバッグを有効にしてみました。
すると、下記のようなエラーが残されていました。

PHP Warning: require_once(/wp-content/plugins/db-cache-reloaded-fix/db-module.php)

db-cache-reloaded-fixのプラグインが既に更新されておらず、PHP71にも対応していないようなので、WordPress管理画面にも入れないのでプラグインディレクトリからdb-cache-reloaded-fixを除外。
しかし、それでも同様のエラーが表示されるので、キャッシュディレクトリ内を削除。
これでもエラーが解決されないので、プラグインディレクトリ自体をリネームしてみました。
やはり、同様のエラーが続くので、調べてみると、wp-content内にdb-cache-reloaded-fixがdb.phpを作成するらしく、これも削除しなければならないようでした。

そして、他のプラグインを戻してみましたが、やはりWordPressは動作せず。

仕方ないので、「PHPスクリプトが動かなくなりました」の対応通りにPHP5.xに戻してみたところ、一瞬だけWordPress画面だけ表示されましたが、すぐに真っ白な画面に戻った。

もうプラグインやテーマ内の不具合を探すのが億劫になってきて、新規にWordPressを作成し、MySQLのデータベースだけを読み込んでみた方がてっとり早いと思ったら、なんと文字化け。
エンコードをEUCやSHIS、UTF8など、どれを選択しても化ける。

PHPで構築したページが文字化けしている」を参考に、PHPやらMySQL関連を弄ってみるが、全てをUTF8になっているはずなのに、一向に文字化けが治らない。

さて、どうしたものかと、WordpressのMySQLデータ内部を覗いてみると、データ部が文字化けしている。
一週間前にDBのバックアップを取っていたので、それと比較してみた所、バックアップのDBは文字化けしていない事が判明。

結局、PHP71+MySQL5.7の最新バージョン上にて、WordPressを新規構築し、インポートしたバックアップのDBを読み込むことで、復旧した。

尚、Coreserver上でFast-cgiを利用する場合には、php.iniに相当するファイルも設定する必要があるので、下記を参考にすることもお忘れなく!

https://www.coreserver.jp/support/faq/php-cgi.php

1日がかりで疲れたわ。


Lazy galleryでサムネイルが表示されなくなった不具合

私が担当しているとあるブログで、サーバ:Coreserver、CMS:WordPressにて運用しており、アルバムのプラグインとして、lazy galleryと言うプラグインを利用しており、WordPress本体とプラグイン更新以外は手を付けておりませんでしたが、いつの間にか、閲覧が出来なくなってしまいました。

推測すると、たいていサムネイルが作成されていないか、パーミッションが適切でないことが多いですが、対処として、

  • キャッシュの削除
  • メモリ不足によりメモリを増やす
  • サムネイルの再構築
  • Coreserverなので、パーミッションの確認

などを確認してみましたが、どれも解決には至らず。

Lazy galleryで作成したアルバムページのソースを眺めていたところ、サムネイルのリンク近くに、何だか別のCSSクラスがあることを発見しました。

原因は、プラグインの競合だったようで、Hammyと言うプラグインを外したところ、無事改善した。


EasyStartPackプラグインでサイトが遅くなっていた

某WordPressサイトで、アクセスが遅くなっていたので調べてみたところ、プラグインの「Easy Start Pack」のCSSが見つからないのが原因だった。

Firefox上でFirebugを起動し、サイトをチェックしてみたら、Easy Start Packで必要としているJavascriptとcssが見つからないとの事。

JavascriptやCSSは、個別にインストールしなくてはならなかったのかな?

Easy Start Packは、それほど必要としていなかったので削除したところ、劇的に早くなった。


Broken Link Checkerアップデート後にエラー

本日、WordPressプラグインの「Broken Link Checker」をアップデートしたところ、管理画面上部に下記のエラーが出た。

WordPress Error:[Unknown column ‘dismissed’ in ‘where clause’]…

wp_blc..のテーブルがどうたらこうたらとのエラーなので、このプラグインを停止・削除し、DBからwp_blc関連のテーブルが削除されたのを確認後、再インストールしたら、無事、でけた。


WordPressでデバッグオンにした時、Unable to allowcate memry ..が出る場合の対処

WordPressの設定ファイルで、デバッグをONにしたところ、下記のような警告が出る場合がある。

Warning: include_once() [function.include-once]: Unable to allocate memory for pool. in /var/www/…

どうやら、APCが原因のようで、WordPressのデバッグに限らず、PHPのフラグONでも警告が出る模様。

APCを外すか、.htaccessでオフにすれば警告が出なくなる。

php_flag apc.cache_by_default Off



WordPressのmime typeを追加したい

WordPressでは、メディアアップロードでアップロード出来るフォーマットが決められているため、それ以外のファイル形式は、許可されていません。

たまに、この対応していないファイルをアップロードしたいのになーと言う時があります。

管理者等で、カスタマイズ出来る方でしたら、wp-include/function.phpを修正すれば、即、可能となるでしょう。


function get_allowed_mime_types() {

static $mimes = false;
if ( !$mimes ) {

// Accepted MIME types are set here as PCRE unless provided.
$mimes = apply_filters( 'upload_mimes', array(
'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg',
'gif' => 'image/gif',
'reg' => 'application/octet-stream',                   <-----追加したいファイル形式
......略........

でも、WordPress更新したりすると、あっさり消えてしまうので、プラグイン導入しておいた方が無難かもしれません。

PJW Mime Config」と言うプラグインを導入し、

File extensionに拡張子を入れ、Mime typeに見合ったmime typeを記述すれば良いだけです。

Mime typeの記述が明確でない場合には、”application/octet-stream”を記述すれば良いでしょう。
ただし、危険を伴うこともお忘れなく!


QuickAdsenseの文字化け

WordPressプラグインのQuickAdsenseでコードを記入した際に、日本語が入ると、文字化けを起こしたり、広告が表示されなかったりするので、文字コードを指定することで対処。

こちらの記事通り
【備忘録】PluginQuick Adsense” の文字化け対策