:::: MENU ::::
Browsing posts in: Programing

rbenvのアップグレード

rbenvをアップグレードする時のメモ

自分のホームディレクトリにインストールした場合

$ cd ~/.rbenv
$ git pull

rootでシステムにインストールした場合

# cd /usr/local/rbenv
# git pull

RedHat系でdjangoをインストール

RedHat系OS(CentOS,sl6)等で、djangoのインストールメモ

今回、sl6上で作業しました。

epelリポジトリが入ってなければ導入しておく

# yum install epel-release

Pythonが入ってなければ、インストール

# yum install python

Djangoのインストール

# yum install Django

確認


# python

Python 2.6.6 (r266:84292, Jun 18 2012, 09:57:52)
[GCC 4.4.6 20110731 (Red Hat 4.4.6-3)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import django
>>> print django.get_version()
1.3.1
>>>

プロジェクト作成

$ django-admin startproject test
$ cd test

テストサーバ起動

$ python manage.py runserver
python manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
Django version 1.3.1, using settings 'test_project.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

自マシンから、ブラウザにて、http://127.0.0.1:8000/にアクセスし、It worked! …が表示されたら完了。

デフォルトでは、自マシン(127.0.0.1)からアクセス出来ませんので、他のマシンで表示したい場合やポート番号を変更したい場合は、

$ python manage.py runserver 0.0.0.0:8080

今回は、djangoの最低限の導入・動作確認だけでしたが、SQLやApache連携はまた後日に。


CakePHPでapcエラー

CakePHPにアクセスすると、下記のエラーが出るようになっていた。

Unable to allocate memory for pool.

調べてみたら、APCのバグらしいので、エラーメッセージを出さないように修正


# vim /etc/php.d/apc.ini

apc.mmap_file_mask=/dev/zero


RVMのアップデートで失敗するときの対処法

RVMのアップデートで、かなり古いバージョンからアップデートする時に、失敗するときがある。

$ rvm get latest
Original installed RVM version:
rvm 1.5.2 by Wayne E. Seguin (wayneeseg...@gmail.com) [http://
rvm.beginrescueend.com/]
rvm- % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current Dload Upload Total Spent Left Speed 100 173 0 173 0 0 469 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 2246 ERROR: .tar.gz downloaded does not match it's md5 checksum

Aborting RVM Installation.

 

こんな症状の対処法

$ bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

もしくは、

$ rvm get head
$ rvm reload

一度ターミナルを再接続後、

$ rvm get latest
$ rvm --version
rvm 1.8.5 by Wayne E. Seguin (wayneeseguin@gmail.com) [https://rvm.beginrescueend.com/]

Perlのバージョンを切り替えるPerlbrew

perlのバージョンを切り替えて使用できるperlbrewsl6上にインストールしてみた。

通常は、最新のバージョンを使っていれば良いと思うが、OSによっては、古いバージョンがインストールされたり、ライブラリとの整合が合わなかったりして、最新のバージョンでは動作しない場合に、切り替えると良いでしょう。

curlとperlが既にインストールされてる事が条件です。

perlbrewのインストール

$ curl -k -L http://xrl.us/perlbrew > perlbrew
$ perl perlbrew install
$ rm perlbrew
$ ~/perl5/perlbrew/bin/perlbrew init
$ echo 'source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc' >> .bashrc
$ source .bashrc
$ perlbrew install perl-5.14.1
$ perl --version
$ This is perl, v5.8.8 built for x86_64-linux-thread-multi
$ 
$ perlbrew switch perl-5.14.1
$ perl --version
$ This is perl 5, version 14, subversion 1 (v5.14.1) built for x86_64-linux

JpGraphのphp設定

Jpgraphを使う際に、ライブラリのパスを設定する必要があるので、php.iniを編集。

jpgraphのインストール先は、/var/www/jpgraphとした場合、include_pathを設定します。

# vi /etc/php.ini
...
include_path = ".:/var/www/jpgraph"
...
...

保存後に、Apache再起動